生まれる前のカデンツ

140字にはとても収まらないような所感

さみしいね

 

 

 

 

最近ありがたい事にアイドルさんの繋がりが増えてよくご飯に行ったりするが、元々のさとみの友達はやたら男アレルギーな処女か酒で精神薬ガバガバ飲む人ばかり。突発性難聴だったり躁鬱だったり強迫性障害だったりパニック障害だったりまぁ大変そうにしている。
例えば一緒に遊んでても「鍵をかけてないかもしれない…!」「クーラーつけっぱかもしれない…!」「あたしスカート穿いてないかもしれない…!」などとそんな感じの理由でなんども家に帰っては戻ってくる。

前者とは会うと毎回精子バンクの話になるので相場とか多少詳しくなってしまった。もう雑学王目指そっかな。いい線いくかもしんないし、これから将来の夢の欄とか履歴書とか雑学王って書くわ。お母さん泣くかな。お母さん泣かせるのが趣味みたいなとこあったからな。いや〜ニートのがマシか微妙なところです。伊集院光いとうせいこうどっちがすき?みたいな比較だな。どっちもすきだよ。

いや正直他人事だと思っているしお互い解決しようなんて風には全く思ってなくて、辛い苦しいって愚痴を言いあうだけ。吐き出した気持ちが宙を舞ってその辺ぷかぷか浮かんで行き場をなくして停滞してる。それ以上でも以下でもないしそれで別によくてね。
八方塞がりな人間には停滞がよく似合う。救いをモラトリアムに求めてる。おばさんになりたくない。「いい歳の取り方したい」なんて苦し紛れの言い訳、本当はそもそも歳なんか取りたくないし、まだまだ心は制服を着ています。都合がいいのでお酒は飲むけども。


なんにせよ友達がいるのは幸せなことです。


嘆いてても何もはじまらないんだろうけど
傷の舐め合いすきだし一生やめられないとまらないかっぱえびせん人間やめますか僕は現実逃避というシャブの奴隷でいいです。依存しやすい女ってやつだ。逃げろー!
最近は手首に傷のない女のほうが怖いって話です。インターネットに5年もいたら自動的にメンヘラソムリエの資格を取得できてしまうらしい昨今、見えない傷をあなたは見抜けるでしょうか。はいここ試験にでるよ〜〜


さみしいね。
そうやって心をさみしさでいっぱいにしたら
最初に出てきた気持ちはとてもシンプルだった。


寝たい。
出来ることなら誰かに抱きしめられながら。